男性保育士の育休日記

男性保育士が一年間育休をとる日記です。

遊びに行きたい

新型コロナの感染者数が過去最多になっていますね。11月12月頃の落ち着きはどこへやら…。

 

思えばもう、2020年からず〜っと自粛自粛で過ごしてきています。

 

2020年の頃は、戦後初の緊急事態宣言と言われ、緊張感のある中で、うちの保育園は閉園こそしなかったものの、登園自粛を要請し、全体の三分の一ほどの登園数になりました。

その時は職員も順番で休み、なるべく出勤しなくて良いようにしていて、自宅にいる間は完全に外出自粛をしていました。

 

そこからワクチン接種に進むまではおよそ一年間。感染者数は減ったり増えたりしていましたが、基本的には、感染者を出してしまったら閉園となってしまうプレッシャーもあり、おおっぴらに遊びに行ったり飲みに行ったりは自粛を続けていました。

 

そして2021年は妻が妊娠し、これまで以上に、病気の感染に対して神経を尖らせなくてはならなくなりました。

産まれた後もそれは続き、この部分は当然と言えば当然なので仕方はないのですが、もしも感染症が蔓延していなければ、もう少し緩く出来たのではないかなと悲しくなってしまいます。

 

元々の性分として、私はずっと引きこもっているというのがとても苦手で、天気が良ければ出かけたい。時間があれば人と会って遊びたいという人間なもので、より一層今の状況が堪えています。

 

その点、妻はずっと引きこもることが苦でないようなので、感染対策と自分の趣味の謳歌が同時に出来て一石二鳥のようなのですが…。

妻は平気でも、夫婦である以上、隣にいる私が不機嫌では妻だって嫌になってしまいますよね。いつも「大丈夫?」と気を遣ってはくれますが…。一方ではちゃんと母親でもあるので、「気にせず出掛けて良いよ!」とは言ってくれません…。それが正しいんですけどね。

 

ここで自分も親になって気付いたことがありました。

 

それは、「子どもが小さい頃から、遊びに行くというのは、子育てにおいても必要な事」だと言うことです。

 

これまで私は保育士として多くの子どもと関わっている中で、休日に子どもが親御さんと一緒にあちこち出掛けている事に対して「わざわざ遠くに行かないでも、子どもにとっては近くの公園で充分なのになぁ〜。」と考えていました。

 

実際子どもたちと散歩で近所の公園に行きますが、とても楽しんでいて、子どもたちは心から公園に行けることを喜んでいるからです。

なのに、わざわざ時間や労力をかけて遠くの遊園地やレジャー施設に行く事は、子どもと接する時間や遊ぶ時間をいたずらに浪費しているだけではないかと思っていました。

 

勿論、動物園や水族館のような、家庭では再現不可能な施設や、ある程度成長した子、4歳以上くらいですかね、であればそこでしか経験出来ないことを楽しむ事は有意義だと思います。

ただ、0歳〜3歳以下の、まだ自分で出来る事も少なく、記憶力もそこまで無い頃に、新しいものばかりを提供するのは無意味に感じていました。

 

なので自分の育児においても、「子どもの為に遠出する」というのはもっと成長してから、と考えていたのですが…。

 

これはアレですね。大人の方がストレスでしんどくなるから、「子どもの為に」では無く、「自分たちの為に」遠出して遊びに行く必要があるのですね。

 

保育士である以上、常に子どもにとって最善の利益を考慮して〜…と言いたい所でしたが、もうしんどいです。遊びに行きたいです。

コロナが無ければまだ娘ちゃんが産まれて2ヶ月程度ですから、我慢の範疇だったと思いますが、もうこちとらもうすぐ丸2年近く自粛・我慢を続けていますからね…。

 

遠い地元の家族や友人なんかは、やっぱり東京と意識が違って「自粛で全然出掛けてないわ〜!」とか言いつつ、車で県内あちこちに遊び回っていますからね!それでいて「東京はヤバい!怖い!」と言われるとイラッとします。こちらはそちらの何倍も意識して気をつけ続けているんだが!?もうずっと最寄駅からほとんど出ない生活を続けているんだが!?

 

娘ちゃんよ、産まれたばかりで申し訳ないんだが、父ちゃんの為に、付き合ってくれないだろうか…?ワガママな父ちゃんでゴメンよ…。

 

そんな気持ちです。

 

あぁ…遊びに行きたいなぁ…。

 

 

声の変化

スマホを機種変しました。前のやつは小さ過ぎて、文字を打つのがとても大変だったのですが、大きくなったのでこれからはスマホから更新が出来るかも…?(今まではiPadでやっています)

でも今日はとりあえずデータ移行で1日が終わってしまいました。色々上手く移行出来なくてストレスでした〜…。

 

生後2ヶ月に入る少し前くらいから、こちらからの問いかけやスキンシップに対してリアクションしてくれるようになってきた娘ちゃん。

最近では分かりやすく笑う事が多くなって、嬉しい限りです。

 

そんな娘ちゃんですが、反応の仕方にバリエーションが生まれてきました!

はじめは、笑顔にはなるものの、声は出ず、口をパカッと開け、口角を上げて笑顔になるといった感じでした。

そこから、表情は同じですが、声がでるようになり、「アクーン」とか「アウ〜」とかの喉を鳴らすような声を出していました。

 

そして、昨日くらいからは、これまでの声よりかなり高めの「キャー!」といった声も出るようになりました。

 

産まれて間もない頃は「真顔」か「不快」しか示さなかった娘ちゃんですが、今では「楽しい」「嬉しい」「寂しい」「なんか嫌」といった感情が、表情や声から読み取れるようになりました!

 

楽しい時は声をあげて笑い、嬉しい時は声は出ずともニッコリし、寂しい時は泣くまではいかなくても、口をへの字に曲げてぐずるような声を出し、なんか嫌な時はイラッとしたようなしかめ面を見せてくれます。

 

娘ちゃん最近のマイブームは、メリーの人形を手で叩くことのようです。

上手く当たるとニコ〜ッとしています。

うちのメリーはディズニーのキャラクターがぶら下がっているのですが、不思議と毎回バンビの人形を叩く率が高いです。

好きなのか…?狙っているのか…?

 

ベビーカーが低い

今日は娘ちゃんを抱っこ紐で抱っこして、1時間半程お散歩に行ってきました。

妻は荷物の受け取りがあったので家で待機していたため、娘ちゃんと2人でのお散歩最長記録更新でした!

道中、ずっと眠っていましたが…本当に抱っこ紐だとよく寝ます。

ただ、今日はかなり暖かい日だった為、30分を過ぎる頃には暑くて暑くて…帰って娘ちゃんを降ろしたら、自分の服は汗びっしょりでした。そのせいもあってか疲れました…。

 

そんな長い時間お散歩するなら、ベビーカーに乗せれば?ということなのでしょうが…

私は身長が高い方(186cm)なので、今持っているベビーカーを押すと、ハンドルが低くて猫背になってしまいとても疲れるのです。

 

一応ハンドルアジャスター機能の付いているベビーカーなので、若干の持ち手調節は出来るのですが、最高にしても低いんですよね…。まぁ女性を基準に作られているので仕方ないとは思うのですが。

 

妻と2人で出掛ける時も、ベビーカーはなるべく力のある私が押すようにしているのですが、とても疲れるので公園などの安全な道に入ったら代わってもらっています。

 

なんとか改良の余地はないもんか、と思い、ホームセンターをはしごしてみたり、ネットで検索してみたりするものの…コレ!といった解決策はなさそうですね。その過程で、Yahoo知恵袋なんかに同じような悩みの投稿をいくつも見つけました。

 

今のところ目星の付いている解決策としては、自転車やオートバイ用のハンドルバーに付けるアクセサリー用マウントバーを付けて、そこを持ち手がわりにする、といった物くらいですね。

持ちやすさや、強度に心配があるのと、コストがまぁまぁかかるのが難点です。

 

保育園ではバギーという、2歳くらいまでなら6人は乗せられるデカい箱を押していたのですが、重さがある分、タイヤは自転車のようなエアータイヤですし、取手も持ちやすい位置だったんですよね〜。

 

やはり実際に使ってみると、アレコレ気になる部分というものが出てきますね。頂き物なので文句言っちゃいけませんが。

 

まだまだ長く使う物ですし、試行錯誤していきたいと思います。

 

うつぶせ練習

今日は晩御飯にブリカマ酒蒸しを作りました。ブリカマ美味しいですよね〜。料理をすることは好きなので、スーパーでは素材を見ながら結構考え込む方です。

次は何に挑戦しようかな〜なんて考えていたら、妻から「今月の食費、あと○○円だから。」とのお言葉。

楽しくて美味しいからって、家計を考えないで作ってたらダメですよね。節約メニュー、考えていかなくては…。

 

先日の助産師さんの訪問時に言われた事に「うつぶせの練習してますか?」ということがありました。

 

うつぶせはSIDS(乳幼児突然死症候群)の一因となる可能性があるため、うつぶせ練習なんて全く考えてもいませんでした。それに確か乳児をうつぶせにするのって虐待扱いされなかったっけかな…?

なので「全くしてません!」と正直に答えたところ、「ちょっとやってみて良いですか〜?」と言われ、うつぶせにされた娘ちゃん。

 

そこで合点がいきました。

 

うつぶせにした時に、首を持ち上げることが出来ているかどうかを見られていたようです。

つまり、うつぶせ練習とは、首の座りのための練習ということのようです。

 

それから、毎日娘ちゃんのご機嫌の良い時を見計らって、うつぶせ練習をしています。

 

やる時は、ただひっくり返すだけでは無く、胸の下にクッションなどを入れて傾斜を付けること。さらに腕を胸の前に持ってきて、上体が持ち上がるようにして行っています。

 

うつぶせにするとよいしょっといった感じで首を上げている娘ちゃん。

結構楽しいみたいで、笑顔も良く見せてくれます。

 

助産師さんも言っていましたが、見える景色が増えるから楽しいようです。

確かにいつもは仰向けの世界だから、基本天井か、覗き込んでくる人の顔しか見えないでしょうからね。

疲れてくる頃合いを見計らって仰向けに戻してあげますが、場合によっては「たのしかったのに、勝手に戻さないでよ!」といった感じの抗議泣きをされることもあります。

 

娘ちゃんにとっては、文字通り世界が広がっているのでしょうね。

うつぶせポーズは表情も可愛い顔をしてくれて、こちらも楽しい練習です。

 

その甲斐もあってか、もうかなり首は安定してきました!首座りまでカウントダウンといった感じです。

 

いつ、首座り記念日になるかな?

ゆったり土曜日

感染者数が鰻登りですね〜。ちょっとスーパー行くだけでもなんか気を使います。家に弱い存在がいると行動が変わりますね。まぁ実際は娘ちゃんはまだ母乳免疫で無敵モードが続いているわけですが…。

 

今日は久しぶりに夫婦共に予定の無い日。土曜日という事もあったのでのんびり過ごす事にしました。

かなり失われつつある曜日感覚を取り戻す為に、「土曜日だから〜」という理由で昼ご飯を外食にしました。パン屋さんに買いに行って持ち帰るだけですが。

 

しかしなんでしょうね。美味しそうなパンのカロリーの殺人的なことといったら。

しっかり表記もされているもんだから、本当に食べたい物に手が出しづらいですよ。炭水化物

に油や砂糖を塗って揚げる物が多いですよ!絶対美味しいじゃんそんなの!

 

高カロリーな物を食べる分、数と量を絞りました。満腹感は紅茶をがぶ飲みして補いました。

 

土曜日だから、という事で晩御飯の時に特別にビールを飲みました。

これは曜日感覚のため…!でもなんか罪悪感…。

 

晩御飯を食べながら妻と娘ちゃんの可愛かった話や面白かった事を話しました。

そこで、なんかこーゆう感覚久しぶりだな、って感じました。

保育士は休憩時間や飲み会の時に、よく子どもの話で盛り上がるのですが、妻ともこーゆう話が出来る様になったって事が新鮮であり、人とこーゆう事を話すというのが感覚的には懐かしさがありました。

 

あぁ、少ししか飲んで無いのにもう頭が痛い。

弱くなりました…。

育休の1日

今日は午後から妻が美容院の予定だったので、午後はワンオペだな〜と覚悟していたのですが、娘ちゃんが4時間もお昼寝をしてくれていたので、久しぶりにゆっくり本を読むことが出来ました。ありがたや〜。

 

育休入る前は、結構暇になるんじゃないか?と危惧していた面もあったのですが、結構忙しい毎日で、あっという間に日々が過ぎてしまいます。

だからたまにこんなゆっくりの時間があると嬉しいですね。

 

今日の日記は、育休の1日の過ごし方を記しておこうと思います。

 

朝6時 起床 大体妻と娘はまだ眠っている。2人を起こすまでは自分の時間。朝のニュースを見てる事が多い。

 

7時 寝室のカーテンを開けて日光を入れておく。2人が起きてくるまで朝食の用意や、洗濯、ゴミ捨てなどをしておく。

ここから9時くらいまでに、朝食や各種家事を済ませていく。

 

9時 なるべく娘を連れて散歩に。妻も一緒に行ける時は行く。公園や、路地散策をする。

 

11時 帰宅。昼食の準備をする。

 

12時 昼食。出来れば妻と一緒に食べるが、娘ちゃんのご機嫌次第。食べたら片付け。

 

13時〜16時 互いの用事があれば別行動をする。妻が家にいる場合は、1時間くらいウォーキングをしに行く事が多い。スーパーやドラッグストアなどへ買い出しも行く。夕方には洗濯物なども取り込んでいく。

 

17時〜19時 風呂の準備をしつつ、夕食準備。娘ちゃん黄昏泣きしやすい時間帯。風呂も済ます。

 

19時 夕食。昼食と同じで可能なだけ妻と一緒に食事だが、大体娘ちゃんの寂しい泣きが入り、交代で食べている。

 

20時〜21時 この辺で娘ちゃんが寝てくれる事が多い。寝次第、夕食片付けやブログ書きをすることが多い。でもこの辺でもう自分も眠くなってきている。

 

22時 大体この辺で寝る。妻は起きている事が多い。

 

24〜深夜1時 この辺で娘ちゃん起床、授乳、オムツ替え。終わり次第寝る、所要時間1時間くらい。妻はこの授乳が終わってから寝ていることが多い。

 

4時頃 娘ちゃん再起床。上と同じ。

 

で、翌朝の6時につながる。といった感じです。

 

このスケジュールに、他の用事だったり来客だったりが加わると、結構目まぐるしく過ごしています。3食の支度を私がする事が多いですが、娘の為にも規則正しい生活をしようと、それぞれをキッチリ時間を守ってやろうとすると本当に忙しいものですね。

まだまだ夜中に2回くらい起きる必要があるので、早目に寝ないといけないですしね…。

 

育休は、職場の仕事はしないけれども、休日ではないな…と痛感しています。

家事・育児という仕事に切り替わった感じですね。

 

本当に資格勉強とか、マイナス10キロ達成とかが出来るか…心配な今日この頃です。

 

 

 

 

 

湯船デビュー

昨日の日記で3ヶ月健診楽しみだな〜と書いたら、妻から「3ヶ月健診なんて案内来てないよ。4ヶ月健診が来てるよ。」と指摘され、えぇ〜と思い調べてみると、練馬区は「3、4ヶ月健診」と銘打っていました。

どちらの場合もあるということか…?

 

さて、昨日助産師さんの訪問を受け、まだ沐浴しかしていません〜と言うと、「もう全然湯船入れちゃって良いから!その方が楽だし、赤ちゃんも体力使うからよく寝てくれるよ!」と、アドバイスをいただいたので、昨日から湯船デビューをしています。

 

初めての湯船デビューは妻に譲ったので、今日が私とのデビュー戦でした。

 

自分の身体を洗うのを終わらせて、妻に声をかけ、いざデビュー!

抱っこして湯船に入れてみると、おぉ!?沈まない!!?浮いちゃう!

 

沈めないように気をつけていたのですが、赤ちゃんの身体って凄い浮力があるのですね。

抑えて沈めない限りは自然に浮くので、支え方にコツが必要でした。

 

頭だけ支えて他は離してしまっても、プカプカ浮くから慣れてくると面白かったです。

娘ちゃんも慣れてくると気持ち良さそうに脚を動かして、まるで泳いでいるようでした。

 

しかし、お湯に浮かべると本当にフォルムがカエルみたいだな…。

お腹は膨らんでて、脚はいい感じに曲がっているから…。

 

沐浴卒業は寂しいですが、一緒にお風呂に入れるのもたまらないですね!

湯船溜めない時はまだ沐浴させて貰うとして、裸の付き合いも楽しんでいきたいと思います!