男性保育士の育休日記

男性保育士が一年間育休をとる日記です。イラストは妻が描いています。

即応待機

今日は妻が通院の為朝から外出。

昼過ぎまでワンオペ状態で過ごしました。

 

妻がいない時は、必然的にミルクの出番になるのですが、ちょうど今日、一回あげたところでなくなってしまったので、娘ちゃんを抱っこしてドラッグストアへ。ついでにスーパーにも。

 

自分の子どもを色々な製品の実験台にしている私ですが、流石にミルクは良いものを選びたい。

日に何度もあげるわけではないので、今までは森永乳業のE赤ちゃんという製品を使っていました。他製品より千円くらい高いんですけどね…。

でも今日はグリコの出しているアイクレアという製品が目につきまして…。他製品より高めだけど、E赤ちゃんよりは少しお安い。

何が違うポイントだ…?と思い成分表を比較してみてきましたが…ミルクの成分表ってすごく細かくて難しいですね。

なんとなく良さげだったのでアイクレアにしてみました。娘ちゃんも問題なく飲んでくれて良かったです。

 

 

私が赤ちゃんを抱っこしている時は大抵好奇の視線か、優しい視線を感じます。

今日もドラッグストアでは店員さんが袋詰めを手伝ってくれましたし、スーパーレジの店員さんもたくさん手を振ってくれました。

 

私は体格が良いほうなのでぱっと見は強面に見られがちで、あまり人の視線を受ける事は少ないのですが、こういった温かい眼差しは嬉しいですね。

 

帰宅して、再度娘ちゃんと一対一に。

基本的にはいつもお利口の娘ちゃんで困ることは少ないですが、やはりワンオペだとあまり目が離せませんね。

少し視界から消えたり、離れると泣いて訴えてくる娘ちゃん。

かと言って近くにいる時は何も手がかからず、一人でも楽しげに遊んでいる。

 

娘ちゃんを眺めているのは飽きませんが、はたからみると、ただそばに座ってボーッとしているだけの人に。

頭の中では、あ〜アレやらなきゃな…、アレもしたいしな…などど考えてはいるものの、いつ娘ちゃんからお呼び出しがかかるかわからない状態。

 

いわゆる「即応待機」状態ですね。なんかあればすぐにやっている事を中断して対応出来る体制。

ねんね期の赤ちゃんの世話って、やる事なさそうに思えますけど、しっかり見ていようと思ったら、こういう状態になりますよね。今日は積み本も無かったので、ホントひたすら娘ちゃんのそばでボーッと眺めている状態でした。

 

そしたら、今日は色々タスクがあったのですが、なんか全部やる気がなくなってしまいました。

妻が帰ってきてからも、ちょっとその状態が尾を引きましたね…。

 

でも、放置はしたくないのです。娘ちゃんとの愛着形成をしたいのです。

何もしていない時間でも、きっと娘ちゃんには、そばに居るという安心感を与えられているんだ…!と信じて、見守りに努めています。

 

 

やる気を失った一日だったけど、ブログ更新してエライぞ自分…!

 

 

f:id:takeosensei:20220405211613p:plain

遊びに集中しているようで、気配には敏感よね…!