男性保育士の育休日記

男性保育士が一年間育休をとる日記です。イラストは妻が描いています。

保活見学

昨日は妻の自由時間DAYだったので、朝の運動だけした後は、夕方まで娘ちゃんと2人で過ごしました。

 

夏なのでプールや水遊び出来るところに連れて行きたいなぁという欲求はあるのですが、まだ立てもしない娘ちゃんを連れて行っても仕方ない、と思いとどまったので、お風呂に浅くぬるま湯をはって水遊びとしました。

 

入る瞬間少し怯んでいた娘ちゃん。

でも浴槽に入って座ってからは、お湯をバシャバシャするのに夢中でした。

一応一緒にお風呂玩具も用意したのですが、ほとんどお湯の感触遊びをしているか、普段手の届かない浴槽の栓をいじっていました。

 

しかし、ご機嫌だし安全に遊べるしコレはいいなぁと思っていた途端、急に号泣しだす娘ちゃん。

何かにぶつかったような動きは無かったけどな?と思いつつ浴槽から出して抱くと泣き止み、再度入れようとするとまた号泣しました。

 

う〜ん、何かはわからんけどもう嫌になったんだな!

結局15分程度ではじめての水遊びは終了しました。

 

 

タイトルについてですが、私の育休は11月までの予定です。

妻が無職なので、私が復職したからと言ってすぐに保育園に預ける必要はないのですが、物の本によると保活は、半年前くらいから情報収集など始めた方がいいという事で、少しずつ保活スタートです。

 

とは言っても私はまだ周辺の保育園情報を調べた程度。

 

妻が色々と調べてくれています。うちの点数や、申し込みに必要な手続き、近隣1キロ圏内の保育所などなど。

 

なので私はまだ保活スタートってより、妻の保活を見学しているような気持ちです。

妻ありがとう。

 

 

妻に聞かれます「いい保育園って何?」

 

むむむ…!?

 

コレは…答えに困るぞ…!?

 

保育士としてしっかり答えねば…でもなぁ?

 

家から近くて利用しやすいこと?

広い園庭やキレイな建物があること?

素敵な保育士さんがいること?

良い保育理念を掲げているところ?

サービスが充実しているところ?

 

利用者としての都合を考えれば、近場でキレイなところが良いけど、

子どもの事を考えたら、設備環境や保育士の質が大事になるし…。

 

そんな事を考えてたら、結局大した答えは出ませんでした。

「あまり遠くない所で、設備の良さそうな所に見学に行けたらいいね。」って程度です。

 

 

妻はネットで口コミなどを調べてくれていますが、あんまり数が無いようです。

まぁ実際、その時々で違うだろうから、あんまり口コミが当てになる業界じゃないよな…。

一番良いのは、今通っている人から話を聞く事ですね。

 

園の雰囲気を知るのに一番良いのは実際に見学することですが、うちの自治体ではコロナが始まってからずっと見学を中止しています。

代わりにYouTubeで施設の中を見れるようにはしていますが…。

私的に実際の見学で見たいのは、設備環境ではなく人的環境、保育士さんたちの雰囲気なんですよね。

 

哀しいことに保育士の裏側をイヤってほど知っているので…。

今まで見てきたようなダメ保育士にうちの可愛い娘ちゃんを預けたくない!

 

と、考えた所で気付きました。

保育士やっていて一番のクレーマーになる相手って同業者なんですよ。保育士や教師です。

 

でもそれって、こういう厳しい目線で見ちゃう気持ちからなのかな…って思いました。

ハッキリ言って理想の保育士なんて自分でも到達していないのに、人に求めちゃってますね。

 

いかんいかん。娘ちゃんのためとは言え、自分にとって超嫌な人間に自ら進んでなるところでした。

 

地雷がいないかどうかを見極める程度に収めておきたいと思います…ってそもそも見学が出来ないんだった!